環境保護方針

環境理念

北海道電電輸送株式会社は事業運営と地域環境を両立し、豊かで美しい自然に恵まれた北海道に根ざす企業として、住みよい地域社会を実現するために、未来にわたる生活の場である地球環境に優しい企業活動を推進します。

基本方針

  1. 企業活動の遂行
    1. 企業活動全般に係わる環境問題の継続的改善及び環境汚染の未然防止に努め、企業責任を遂行します。
      1. 車両燃料の節減によるCO2排出量の削減
      2. 事務用紙使用量の削減
      3. 電力光熱水費の削減
      4. グリーン調達及びグリーン購入の推進
    2. 企業活動全般が環境に与える影響を常に認識し、環境関連法、規則、協定などを遵守し環境汚染の予防を推進します。
    3. 社内外に広くコミュニケーションを図り、必要な情報の開示に努めます。
  2. 定期的に取組状況の評価を実施し、環境管理の見直し及び維持向上に努めます。
  3. この環境方針達成のため、環境目的・目標を設定し、社内一体となった環境保全活動の推進に努めます。
  4. この環境方針は、全従業員が理解し行動出来るよう周知徹底を行うとともに、地域社会との強調連携を図ります。

平成17年 4月 1日 制定
平成27年 6月 1日 改定

エコアクション21
北海道電電輸送株式会社
代表取締役社長 引地 泰史